本文へ移動

堅田中学校へ高齢者福祉体験講座を行なってきました。

 11月15日(木)には大津市社会福祉協議会による高齢者福祉体験として榛原の里の職員が堅田中学校を訪問し、2年生のみなさんに『高齢者になる』体験を通じて相手の気持ちを考え、寄り添うことの大切さをお伝えしました。
篠田千晶ワーカーと山田美幸ワーカーが本日の講師です。うまくできるかな?と緊張しています。
 まずはお互いに緊張をほぐすため、普段榛原の里で入居者の方々に行っている体操をしました。
 生徒さん達におもりやサポーター、ベルトなどを着けて『高齢者になる』ことを体験していただきました。
 軍手を片方に2着つけた状態で、箸を使って小さな豆を別のお皿に移してもらっています。「手がつりそう!」と苦戦しています。
 ちなみに生徒さんにはゴーグルとヘッドホンも装着していただき『見えにくい』『聞こえにくい』も一緒に体験していただきました。
 体験後、生徒さん達は、「見えない、聞こえないって不安」「年をとると、普通に歩くことがこんなに大変なんや」「お年寄りにはやさしくしないとあかんなあ」と話しておられました。
社会福祉法人
大津市社会福祉事業団
〒520-8530
滋賀県大津市浜大津4丁目1−1
      明日都浜大津5階
TEL.077-527-9552
FAX.077-521-0787
 
TOPへ戻る